薬と休養で治せる

The woman is thinking

うつ病を治療するにはだいたい3ヶ月から6ヶ月必要になるとされています。その間どういった治療法をしていくのかと言いますと、薬物療法、精神療法、環境調整法の3つを行っていきます。薬物療法は薬での治療なので分かり易いと思います。うつ病の患者に使われる薬は坑うつ剤が一般的です。状況に応じて睡眠薬や気分安定薬なども使用していきます。坑うつ剤には抑うつ状態を緩和させる働きがあります。気分安定薬は酷い落ち込みなどを無くし、気分を安定させてくれます。うつ病はこういった薬で精神を落ち着かせて、十分な休養をしていけば治っていきます。最近ではこの薬物療法だけでもうつ病を治療できるようになってきたのです。
しかし、薬の服用を始めてから効果が現れるまでは1週間から2週間を要します。薬の効果が現れるよりも早くに副作用が出てくることもあります。副作用の内容は倦怠感や吐き気、頭痛や眠気などです。こういった副作用が先に現れることで、患者は薬の効果に疑問を感じてしまいます。「本当にこの薬で治るのだろうか」という考えをしてしまい、副作用から逃れたいという気持ちも相まって、薬の服用を勝手に止めてしまうことが多々あります。当然そんな事をしてしまっては治るものも治りません。なので、服用してから効果が出るまでタイムラグがある事をしっかりと理解しておきましょう。
医師の指示に従って治療を進めていけば、必ずうつ病は治すことが出来ます。なので絶対にうつ病を治すんだという気持ちを持って治療に専念しましょう。